飛行場 トラブル

座席の位置によるメリット・デメリット

飛行機を利用する際、エコノミークラスのシートを予約される方は多いことでしょう。

 

ただ、座席の位置によって 快適度は変わります。

 

好みの席がある場合には、早めにチェックインして リクエストしてみましょう。

 

 

 

aisle seat(通路側の席)は、トイレに立つ際 他人に気兼ねする必要がありません。

 

ただ、奥の人が席を立つ際には、自分も一緒に立たなくてはならず 面倒です。

 

 

 

windows seat(窓側の席)は、外の景色を楽しむことができます。

 

また、いったん座ってしまえば 他の人に気兼ねすることもほとんどありません。

 

ただ、トイレに立つ際には、通路側の人に立ってもらわねければならない煩わしさがあります。

 

 

 

最前列の席は、足の前にスペースがあるので ゆったり寛げます。

 

人気がある席なので、早めに座席指定でご予約されることをお勧めします。

搭乗時に気を付けたいこと

快適なフライトにするためには、機内でのマナーを守ることも大切です。

 

まず、席を探す際には、通路の後ろに続く人に 気を配る必要があります。

 

そして、座席が見つかったら、上部の荷物棚あるいは前の座席の下に収めます。

 

このとき、通路の後ろの人を待たせることのないように心掛け、早めに着席しましょう。

 

 

 

座席には、毛布や枕などが置かれています。

 

くつろいだり 寝たりするときに使いますが、必要なければ 客室乗務員に返却します。

 

 

 

席に着いたら、スイッチ類を確認するといいです。

 

ヘッドホンジャック,音量調節,チャンネル選択,読書灯スイッチ,乗務員呼び出しボタン,リクライニング調整ボタンなどがあります。

 

また 最近では、映画などが見られるモニターや電話などが装備されていることもあります。


inserted by FC2 system